山の鉄道会社の国際化 (1)

日本語を話す車掌さんたち – グリンデルワルド地方

「私は日本人が好きです」

思いがけないところで聞く流暢な日本語に、私たちは皆、「えっ?」と思いました。

この夏、休暇で友人たち10人程でアルプスの山歩きを楽しんだときのこと。ヴィルダースヴィル駅で、シーニゲプラッテに上る赤い登山電車に乗ろうと、ホームを歩いていた時のことでした。

声のする方を見ると、青い制服を着た女性の車掌さんがいます。彼女は私たちのために車両の扉を開けに来たのでした。親切そうな笑顔。「私は日本人が好きです」と文字に書くとお客におもねっているようですが、実際にはそんな感じは微塵もありません。その車掌さんは、とても自然体でニコニコして仕事をしていました。

私たちは皆、その車掌さんに印象を良くし、その上、話に聞いていた、ホロ屋根の掛かった、窓のない、昔、動物園で見たお猿電車のような珍しい車両に乗りんで、上機嫌。そこに、検察に廻って来た彼女が「切符を見せてください」と再び上手な日本語で言ったので、皆でまた驚きました。挨拶だけではない、仕事の言葉も日本語で話すのです。

翌日から歩いたグリンデルワルド地方で、この地方を走るユングフラウ鉄道を何度か利用しましたが、上手な日本語を操る車掌さんたちに、更に二人も会いました。どの車掌さんたちも、皆自然体です。日本人乗客を特別扱いするとか、外国語を話すぞお、という気負いや緊張が感じられないのです。そういう気持ちは相手にも伝わり、乗客をリラックスさせます。

スイスには独仏伊ロマンシュ語の4つの国語があるうえ、スイスには国際的な観光都市、地域が幾つもあります。そのため鉄道会社も、車掌さんたちがいくつかの主要な言葉を仕事に使えるよう、トレーニングをします。

そうはいっても、ヨーロッパ系言語でない日本語も操るとは大したものだと思いました。グリンデルワルド地方は観光が重要な産業で、アジアからの旅行者が急増しています。そういう土地で、観光に関連する仕事に就く人々にとり、それが日本語であろうと何語であろうと、お客の言葉を身につけることは、生きていくために必須なのだろうと思いました。

また、そういう環境で暮らす人々には、他の言葉は覚えられるものだ、という意識が、自然と植え付けられているのかも知れません。国際化の土壌はできているのです。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中