氷河特急脱線事故に、日本の情報化社会を垣間見る。

2010年7月23日にスイスで起きた氷河特急脱線事故。脱線した車両に乗っておられた日本人の方お一人が落命された、痛ましい事故でした。
私は、事故直後から五日間、ある日本の報道機関の取材助手を務めたのですが、そこで図らずも、現代の日本の情報化社会のありかたを垣間見ました。
それは、7月27日、ジュネーブで開かれた、この事故のただ一人の死亡者、国本安子(やすこ)さんのご遺族の記者会見でのことでした。
出席されたのは、お二人のご家族。国本安子(やすこ)さんと負傷された国本好正(よしまさ)さんのご長男、尚(ひさし)さんとご次男、晃司(こうし)さんでした。ご遺族のお二人の、深い悲しみを抑えてのお話には胸を撞かれるお言葉がいくつもありました。この会見の模様は、マスコミ各社が報道していると思いますので、それについてはここには書きません。
ここでは、私の気付いた別のことを書こうと思います。
記者会見の最後、記者団からの質問が終わったときです。ご長男の尚さんが、皆さんにお願いがあります、と切り出しました。
「助けてください」ーー彼は確かにそうおっしゃいました。
一瞬、私には何を言おうとしているのかわかりませんでした。
彼は続けます。
我々は今、頭も心も混乱しています。手一杯。何から先にしていいか、わからない。識者や同様な経験をした人が、私たちに助言をくれるとありがたい。尚さんは、残されたご家族の、その願いを広く報道してくださいと、報道各社にお願いされたのです。
苦しむ自分たちの、今必要な人を探すために、マスコミを使う姿勢。マスコミから逃げるだけでなく、自分たちに降りかかった運命に積極的にマスコミを取り込み、その力を直面する困難を乗り切るために使おうとする姿勢。あっぱれだと思いました。私は、ご兄弟のその姿勢に清々しささえ感じました。
尚さんは続けます。もう一つ、プレスの皆さんにお願いがあります。(私たち遺族は)今後も、報道陣には協力します。けれども、私たちの生活や、周囲の人々に迷惑をかけることは止めて欲しい、と。
弟の晃司さんが続けます。尚さんはアメリカ、晃司さんは日本にお住まいです。
被害者のお名前が公表される前に、両親宅に、電話がありました。また、両親宅の写真がネットに載りました。私たちは取材に協力するつもりがあります。だから、職場や自宅に取材に来ないで欲しい。他の人の仕事に差し支えます。また、両親宅にプレスが大勢来ています。私たち家族は、両親の持ち物などを取りに行きたいのですが、そでができません。また、近所の人にも迷惑をかけています。そういうことはやめてください。
ご遺族の記者会見、最後のこの場面に、今の日本の情報化社会のありようが端的に表れていると思いました。
マスメディアは情報の規制ができても、個人メディアはできません。個人の発信した情報がネットに載れば、それは、情報が不特定多数の人に公開されるということ。つまり、個人がマスメディアを作ることになるのです。
インターネット、携帯電話など、情報インフラの発展、普及のお陰で、人が大量の情報を扱えるようになり、同時に人はメディアを使う力強さを身につけました。
他方、飛躍的に増えた個人の情報発信力が、ここでみられるように、無用に人を傷つけることにもなっているのです。人が情報メディアを使いこなす時代の明暗を目の当たりにする思いがしました。
(7月28日)
広告

山の鉄道会社の国際化 (2)

外国語の業務訓練 — ユングフラウ鉄道

私の会った車掌さんたちは、どうやって日本語を身につけたのでしょう?グリンデルワルド地方には、中国、韓国からの観光客も大勢来ています。車掌さんたちは、その言葉も話すのでしょうか?

この点を、私の乗った列車を運行する、ユングフラウ鉄道の関係者に聞いてみました。

ユングフラウ鉄道は会社として言語訓練に取り組んでいます。

ユングフラウ鉄道の車掌たちは皆、母語がドイツ語ですが、その他に英語が必須、フランス語も重要とされています。これは、アルプスの名山や湖で有名な世界的観光地を走る鉄道ですからうなづけます。その他にも、スペイン語、イタリア語などのクラスを催しているそうですが、すべて任意参加で、授業料は無料です。

日本語は、今年の春、初めての試みとして開講されました。人事部訓練担当のムレマンさんのお話しでは、社員の関心の高さ、業務に必要な程度の日本語を話せるようになるまでにかかる時間などを知りたかったそうです。

蓋を開けてみると、社員の関心は高く、1時間半のコースを10回、2クラスに分かれ、合計20人が受講しました。

鉄道会社の外国語コースですから、業務にすぐに使える言葉を習得する必要があります。そこが一般の語学教育と違います。ムレマンさんは、インターラーケンに住む日本人の先生にお願いし、会社の人が先生と必要な内容を話し合って、ユングフラウ鉄道独自のカリキュラム、教科書を作ったそうです。

受講生の多くは、チケットカウンター担当者、車掌、運転士でした。チケットカウンター担当者と車掌は直接お客と話す人々ですから、日本語のな理由がわかります。でも、運転士がなぜ?

ムレマンさんにお聞きすると、乗車時間などの案内や緊急時の車内放送で日本語を使いたいという要望があるのだそうです。

なるほどね。

今回の好結果を得て、日本語講座を来年春にも再び開講するそうです。

他の言語、例えば、 中国、韓国、アラビア語のコースを開設する予定は今のところ無いそうです。車掌さんの中には、乗客から教わって、少し中国語などを話す人はいるでしょうけれども、とムレマンさんは推測されますが、実態はご存知ないとのことでした。

けれども、インターラーケン、グリンデルワルド地方にはそれらの言語を話す乗客は急増しており、今では日本人の数を凌ぐのではないかとさえ思えます。ユングフラウ鉄道に、ヨーロッパでない言語の講座が増えるのは、きっと時間の問題でしょう。

今回の旅で、日本語を話す車掌さんたちに出会い、国際化の一つの形を見た思いがしました。山の鉄道会社でも、国際化は必要な人々から地道に始まり、着実に拡がっています。

山の鉄道会社の国際化 (1)

日本語を話す車掌さんたち – グリンデルワルド地方

「私は日本人が好きです」

思いがけないところで聞く流暢な日本語に、私たちは皆、「えっ?」と思いました。

この夏、休暇で友人たち10人程でアルプスの山歩きを楽しんだときのこと。ヴィルダースヴィル駅で、シーニゲプラッテに上る赤い登山電車に乗ろうと、ホームを歩いていた時のことでした。

声のする方を見ると、青い制服を着た女性の車掌さんがいます。彼女は私たちのために車両の扉を開けに来たのでした。親切そうな笑顔。「私は日本人が好きです」と文字に書くとお客におもねっているようですが、実際にはそんな感じは微塵もありません。その車掌さんは、とても自然体でニコニコして仕事をしていました。

私たちは皆、その車掌さんに印象を良くし、その上、話に聞いていた、ホロ屋根の掛かった、窓のない、昔、動物園で見たお猿電車のような珍しい車両に乗りんで、上機嫌。そこに、検察に廻って来た彼女が「切符を見せてください」と再び上手な日本語で言ったので、皆でまた驚きました。挨拶だけではない、仕事の言葉も日本語で話すのです。

翌日から歩いたグリンデルワルド地方で、この地方を走るユングフラウ鉄道を何度か利用しましたが、上手な日本語を操る車掌さんたちに、更に二人も会いました。どの車掌さんたちも、皆自然体です。日本人乗客を特別扱いするとか、外国語を話すぞお、という気負いや緊張が感じられないのです。そういう気持ちは相手にも伝わり、乗客をリラックスさせます。

スイスには独仏伊ロマンシュ語の4つの国語があるうえ、スイスには国際的な観光都市、地域が幾つもあります。そのため鉄道会社も、車掌さんたちがいくつかの主要な言葉を仕事に使えるよう、トレーニングをします。

そうはいっても、ヨーロッパ系言語でない日本語も操るとは大したものだと思いました。グリンデルワルド地方は観光が重要な産業で、アジアからの旅行者が急増しています。そういう土地で、観光に関連する仕事に就く人々にとり、それが日本語であろうと何語であろうと、お客の言葉を身につけることは、生きていくために必須なのだろうと思いました。

また、そういう環境で暮らす人々には、他の言葉は覚えられるものだ、という意識が、自然と植え付けられているのかも知れません。国際化の土壌はできているのです。