Katrin Verclasに会う

私のヒーローに会いました。とても幸せ!

以前、あるNGOでボランティアの仕事をしていた時、偶然ウェブで彼女の仕事を知りました。

彼女は素晴らしいウェブサイトを育てています。携帯電話を使って、貧しい国の人々に役立てるプロジェクトを一堂に集めた、とても豊かで役立つウェブサイト

今年のLift ’10コンファランスで、一番楽しみにしていた人でした。

思った通り。彼女のプレゼンテーションは素晴らしい!自分が本当に知っている事実の積み重ね。それを彼女がどう見るかという、自分の考え。

彼女は、Katrin Verclas さん。
セッションの終わりに、手を挙げて彼女に質問してみました。「高度な技術に望むことは何ですか?」

カトリンさんの答え、「貧しい国の人々が、安価な料金で携帯を使えることを可能にする技術です。1日1ドルの収入で生きる人々にとって、一通2セントのSMSは高価なのです。」

これこそ、私の聴きたかったことでした。それが先端技術かどうかということよりも、人により添う技術が欲しい。そういうメッセージです。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中