3月8日は国際婦人デー

3月8日は国際婦人デー、今年は週明けの月曜日です。昨夜のスイスのテレビニュースでは、ジュネーブ出身で、スイス連邦政府の外務大臣、ミシュリーヌ・カルミーレイ氏をゲストに迎え、ジュネーブ州の女性の選挙権獲得50周年を記念する行事が開かれたことを伝えていました。

ジュネーブ州で、婦人の参政権が認められたのは、1952年。スイスで一番早い州でした。同じニュースで女性が最初に参加した投票の様子も放映されていましたが、当時のアナウンスがさも大変なことのように伝えていたのには、時代の変化を感じました。

ただ、スイスの女性が全員参政権を持つまでには、1972年まで待たねばなりませんでした。連邦制、つまり自治権を持つ州の連合国家であるスイスでは、女性の選挙権も各州で決定する事項だったのです。それを審議したのは男性だけ。当時議員になれるたは、男性だけでしたから。女性の参政権の歴史はまた、男性の人権に対する考え方の進歩を反映しているのでしょうね。

今日、3月7日のフランスの国際ラジオ放送RFI (Rdio France Internationale)では、特集番組を組んでいました。番組の中で、シモーヌ・ヴェイルがフランスで初の女性の厚生大臣になったのは1974年、そう遠い昔ではないことを知り、意外でした。

世界で最初に女性が参政権を得たのは、ニュージーランドで、1893年です。この国は、世界で最初に電気通信の完全自由化を法制化した国でもあります。きっと、ニュージーランドは、開かれた社会なのでしょうね。

日本女性が参政権を得たのは、1945年。今の憲法第24条に男女の平等が盛り込まれたからです。それを実現するために、大変なご苦労をされたのが、ベアテ・シロタ・ゴードンさん。GHQ憲法草案作成委員36人のうち、ただ一人の女性として、女性の人権を日本の新憲法に盛り込むため、粘りに粘った逸話は、長い間知られていませんでした。いま、彼女の自伝でその時の模様を読むと、自然と感謝の念が湧き起こります。

そのベアテさんが、今週ロンドンにいらっしゃいます。ロンドン大学東洋・アフリカ研究所(SOAS)や、オックスフォード大学で、ドキュメンタリー映画「ベアテの贈り物」の上映と共に催されるシンポジウムに参加されるのです。歴史の証人ベアテさんがどんなお話しをされるのか、とても楽しみです。

世界各国の女性が選挙権を得た年は、ここに纏められています。ご参考にどうぞ!

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中