人権理事会で今の日本を垣間見る

今日(日本時間2月26日)、日本の朝のテレビニュースで、私の取材した、日本の人種差別撤廃政策の審議のニュースが報道されました。現在ジュネーブでは、国連人権理事会の一部である、人種差別撤廃委員会が開かれて、各国の政策レビューが続けられているのです。Aテレビ局のウェブサイトでそれを観られてラッキー!原稿は東京におられる本職の記者さんが、私の纏めた会議要旨などを元に書かれました。ビデオは、私が前日伝送したものを、上手に編集してありました。

プロって凄いですね。自分が現場にいなくても、私の会議レポートを元に、手際よく要点を掴んでニュース原稿にしてしまう。要点を掴むスピードの大切さを学びました。こういう世界もあると思って、新鮮な感覚で見ています。

この委員会、日本がなぜ、強い経済力と尊敬される文化を持ちながらも、国際社会のリーダーになれないでいるのか、その理由が自ずとわかるような体験でもありました。 日本は色々な意味で、幸せだったのです。日本の外では、今も国内の民族が争うことの続いている国が多いのが、現実です。日本は、その痛みを殆ど経験しないで今までやってこられたのでした。 文化の多様性を認め合おう、尊重し合おう、違う文化を持つ人々と、対等に付き合おう、という意識が世界の潮流となった今、日本にも、国内に住む、異なる文化、言葉を持つ人々の存在を、しっかり認める時が来たと思います。

そういう、豊かで深い内容を、1-2分の限られた時間で報道することには、やはり無理が出ます。報道は、人権委員会での議論を伝えるというよりも、そういう国連と日本との関わりを、少しでも多くの方の気に留めて頂くことが出来れば、成果はあったとしなければならないのでしょうね。

この会議には、日本から、多くの人権関係のNGOの方たちが、傍聴に来ておられました。皆さんは、英語で資料を作成し、人権委員のメンバーとも話し合いをしたそうです。日本のNGOは、このような国際的活動をするまでに、成長したのですね。

また、政府代表団、NGOの双方に、何人もの女性が、リーダー、中核として参加しておられました。これは嬉しい変化です。かつて私も公私の国際会議に何度も参加しましたが、女性は私一人か、または本当に少数でしたから、これは社会の大きな進歩です。 私にとっては、仕事として、こういう会議を傍聴できたのは、とても幸運でした。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中