ダボス会議、理想はどこまで現実と折り合うか

今年も、日本のテレビ局A社のリサーチャーの仕事で、World Economic Forum, 通称ダボス会議に行ってきました。仕事は、取材や番組作成のサポートです。

仕事を通じ、世界的に有名なこの会議に参した、何人かの人々の考えに直接、接することが出来たことは、大きな収穫でした。

金融危機から始まった今の世界的大不況、金融規制を抜本的に改革し、二度とこのような不況を繰り返さないためには、横の国際協調が不可欠である。金融規制は、元来国内マターだが、アメリカ、イギリス、日本など、経済力の強い各国がてんでんばらばらな改革を行っては、却って、将来、より大きな被害を招く。世界主要国のリーダーたちは、国際協調を行うべきである、と説く、気鋭のニューズウィーク エディターのFareed Zakaria氏。

国際協調の必要性は百も承知で、自分自身もそれが最善の策だと考えるものの、アメリカをはじめ、主要国が内向きになっている現在、国際協調の議論に時間を費やすよりも、主要国がそれぞれに金融改革に着手すべき、と論じるノーベル経済学賞受賞者、Joe Stiglitz教授。

どちらの方も、高い理想と透徹した知性の持ち主で、私は尊敬しています。が、その二人の見解の、この小さくて大きな違い。そこに気づいて、私は考え込まされました。

今週カナダで始まる、G20.多様な世界を代表するリーダーたちは、国内と国際との間に横たわるこの溝を、どうやって、どれだけ、埋められるでしょうか。

Joe Stiglitz教授の意見は、1 月28日に行われたセッション、After the Financial Crisis: Consequences and Lessons Learnedで、分かり易く述べられています。まったく、素晴らしい方です。

広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中