人と社会に根付く情報通信技術 ― ITUテレコムワールド2009

もう10月のことになりますが、今年のITUテレコムワールド2009の展示会に三日半たっぷり通い詰めました。色々な人と話し、色々なモノを見てきました。その時に考えたことを、皆さんにもご紹介しようと思います、

原稿は、情報通信技術を人道援助や人材育成に役立てる活動を行うNGO, BHNテレコム 支援協議会のメールマガジン、11月5日号に寄稿したものです。

**************************************************************************************************************

10月5日から9日まで、ジュネーブで ITUテレコムワールド2009が開催されました。今回は、私にとっては4度目の訪問でしたが、ITUテレコムワールドは大きく変わりました。

主役交代

今回、大きな展示スペースを占めていたのは、中国、ロシア、インド、韓国等の情報通信企業でした。また、携帯電話会社が出展企業の主流だったことも、通信市場の主役交代を窺わせます。かつては、欧米、日本の主立った電話会社やIT企業が大きなブースを持ち、華やかな展示コーナーや豪華なVIPルームを誇りましたが、今回はそういった企業は姿を消すか、または規模を大幅に縮小したのとは、対照的です。

人と社会に組み込まれた情報通信技術

展示内容にも変化が見られました。前回までと同様、日本、中国、韓国などの、技術力のある企業は、LTE(注参照)等の先端技術を展示していました。その一方で、多数のNGOが、携帯電話を組み入れた社会サービス、例えば、少額バンキング、乳児の健康管理など、を展示していたことは、特記に値すると思います。

こういう社会サービスシステムに使われているのは、必ずしも先端技術ではありません。けれども、パソコンを持たない人、インターネットの届かない地域に住む人の大勢いる発展途上国では、携帯電話は、たとえ最も単純な機能を備えただけのものであっても、生活や仕事に欠かせない道具となっています。このように、携帯電話サービスは、社会の貧富に関わりなく、暮らしのインフラになるまでに成熟したことが見て取れました。

組織を越えた知識と経験の交流の場

会場では、各国の情報通信企業の他、いくつもの国際機関と、その連携する多数のNGOが展示を行っていました。その展示を横断的に見ていくと、各NGO、企業は、それぞれ異なった目的で展示を行っているものの、こういう場で、互いの活動や技術を知り合い、協力すれば、どちらにとっても一層良いシステムが出来るのではないか、と気がつきました。

一例を挙げましょう。世界保健機構(WHO)国際連合教育科学文化機関 (ユネスコ、UNESCO)は、携帯電話を使った乳児や高齢者の健康管理システムを開発し、途上国の農村で活動するNGO、エイズの教育、啓蒙システム、身体しょうがい者の便宜を図ったウェブ・ブックを開発し、広めているNGOなど、多数のNGOに展示スペースを提供していました。

一方、企業に目を転じると、ある放送会社が、個人がパソコンを操作して、自動的にテレビ番組を作るシステムを開発し、展示していました。その両方を見学し、私は全くの門外漢ではありますけれども、そのテレビ番組作成技術を、公衆衛生(public health)活動や、 身体しょうがい者のコミュニケーションに使えるような改良を加えたら、素晴らしいものが出来るのではないかと思いました。

このように、ITUテレコムワールドの場は、共通の目的、分野で情報通信技術に関わる人々が、一堂に集い、組織の枠を越えて、知識や経験を交換し、横に繋がるきっかけを提供する、すばらしい機会でもあります。次回のテレコムは2011年。そこに、BHNの展示もあったら、素晴らしいですね。

BHN欧州代表(スイス・ジュネーブ在住)栗崎  由子

[編集者注] LTE: 携帯電話の高速なデータ通信仕様の一つで、NTTドコモやソフトバンクモバイルなどが採用している第3世代携帯電話方式「W-CDMA」の高速データ通信規格「HSDPA」をさらに進化させたもの。


広告

投稿者: Yoshiko KURISAKI (栗崎由子)

I am Yoshiko Kurisaki, Japanese, executive consultant specializing in cross-cultural management between Europe and Japan. Being based in Geneva, I travel between Europe and Japan. Culture may be a stop factor in business. That said, if you go beyond that, culture is a vaIuable source of inspirations and innovation. I help European businesses to turn cultural barriers to innovation.   栗崎由子(くりさき よしこ)、ダイバーシティ マネジメント コンサルタント。二十余年間欧州の国際ビジネスのまっただ中で仕事をしてきました。その経験を生かし、日欧企業むけにビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し、国籍、文化、性別など人々の違いを資源に変えることのできるマインドセットを育てるための研修やコンサルティングを行なっています。文化の違いは”面倒なこと”ではなく新しい価値を生み出す源泉です。日本人の良さを国際ビジネスに生かしながら、違いを資源に変えて価値を創造しましょう。ジュネーブ在住で、日本とスイスを往復しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中