栗崎由子のプロフィール

日本発グローバル人材を一人でも多く育て、生き生きした日本社会に貢献することが私のミッションです。

グローバル人材とは心に壁の無い人です。外国に行ったことが無くても、英語を話せなくても関係ありません。

Logo-Europe---Japan-Dynamics_Final-email-300px

yk-at-ccig-2014-11-06

略歴

約30年に亘り欧州の国際機関、多国籍企業に勤務した。日欧両方の文化を理解し、豊富な経験に基づいて国際的観点から行なうセミナーやスピーチには、「日本からは見えない新鮮な視点を提示され、新たな気づきを得た」と定評を頂いている。

1978年、NTT(当時、日本電信電話公社)入社。本社営業局市場開発室(当時)にてISDN等、先端技術の商品化調査、国際VPNの市場調査等を担当。1989年、公募でパリの経済協力開発機構(OECD)にうつり情報通信政策を担当。1994-2008年、航空会社間の世界規模データ通信会社、SITA勤務〔ジュネーブ、パリ)。通信市場自由化の嵐の中で、ヨーロッパ、アジア太平洋地域諸国の電気通信政策刷新に、産業界エキスパートとして国際交渉に参加。その後、経営企画本部市場戦略担当として、情報通信産業ウォッチ、新技術の航空・旅行産業に与える影響の分析、競争市場分析などを担当。アジア、北米、欧州の3地域、5カ国に在住、ビジネス相手は世界230の国と地域に及ぶ。

2014年に独立、ヨーロッパ・ジャパン・ダイナミクス代表としてヨーロッパと日本の両方で仕事をしている。

2015年より放送大学 非常勤講師として対面授業、「ダイバーシティ社会を生きる」を担当、ダイバーシティある社会を担う人材育成に参加している。

企業内研修や公開セミナー、研究会などで、ダイバーシティ、職場の活性化、リーダーシップ、国際コミュニケーションなどをテーマに講師を務めている。

2018年より日本在住。

写真2 著者近影、国際会議場にて
国際電気通信連合の会議に出席、ジュネーブ国際会議場にて

言語:日本語(母語)、英語(20余年の国際ビジネス経験)、フランス語(フランス語圏大学入学資格取得)

著作、寄稿

「女・東大卒、異国で失業。50代半ばから生き直し」、パド・ウィメンズ・オフィス,2014年
著作協力、田原真人著「Zoom オンライン革命!」 の第7章、「地球市民塾」執筆、秀和システム、2017年
連載
-「欧州ICT社会読み解き術」、月刊「あけぼの」(NTT労働組合機関誌、毎月1万部発行)2012年から2018年まで毎月
– スイス外国企業誘致局 ニュースレター
随時寄稿 日比谷同友会会報特別寄稿、月刊グローバル経営、ITUジャーナル

主なセミナー、講演実績

東京SGGクラブ
BHNテレコム協議会
NPO法人 GEWEL
一般社団法人 経営倫理実践研究センター
釜石市オープンシティ推進室
京都インパクトハブ
スイス日本商工会議所(SJCC)
ジュネーブ商工会議所 (CCIG)

IMG_0216

  • 学歴
    • 東京大学教養学部人文地理学科卒業。
    • NTT在職中に、カナダ政府から奨学金を取得し、トロント大学大学院に留学。公共政策論で修士号取得。論文テーマ:電気通信自由化のカナダの地域経済発展に及ぼす影響
    • ジュネーブ大学Corporate Social responsibility (企業の社会責任、CSR) コース終了。論文テーマ:情報化社会におけるCSR
  • 国際交渉に参加した主な国際機関, 産業団体:経済協力開発機構(OECD)、国際電気通信連合(International Telecommunications Union, ITU)、Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC), European Telecommunications Platform (ETP), European Commission (EC)
  • 社会貢献活動
    • 2011年より2017年まで、ジュネーブでアトリエ50+を主宰。毎月一度ワークショップを開き、仕事を探す50代以上の女性の支援とエンパワーメントを行なた。アトリエ50+は、女性を支援するジュネーブのNGOに広く支持された。
    • 日本とヨーロッパの多数のNGO(非政府団体)活動に参加。現在、BHNテレコム 支援協議会 元ヨーロッパ代表, 国際人材創出支援センター(ICB) 執行役員、 GEWEL (ダイバーシティとインクルージョン、D&I、を推進するNPO法人)賛助会員、Business and Professional Women International Geneva (BPW、国際NGO) にて5年間役員を務めた。
  • スピーカーを務めた主な国際コンファランス
    • 2009年、第4回インターネット ガバナンス フォーラム (Internet Governance Forum, IGF)、”発展途上国のためのモバイル ウェブ”セッションにて、情報通信政策専門家としてパネリストを務める。
    • 2003年、情報化社会サミット(ITU, UNESCO共催、ジュネーブ)では、”アジア地域ジェンダー問題”セッションで、民間企業代表としてパネリストを務める。

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは世界に通用するあなたのコミュニケーション力を伸ばすサポートを致します。–> こちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ。

広告