グローバル人間力あるビジネスリーダーを育てたいお客様 

外国のビジネスパートナーとの交渉を円滑に進めたい、
外国人社員を活用し業績を上げたい、
外国のお客様とのビジネスを進めたい、
とお考えの企業様へ

国際的に見て、日本人には素晴らしい点が沢山あります。勤勉、律儀、約束を守る、誠実、仕事が丁寧、など、日本人と仕事をしたことのある人なら、このような美点をいくつも挙げてくれます。

そのような日本人としてまたビジネスパーソンとしての美点が、なぜ外国の人とのビジネスではなかなか生かせないのでしょう?

仕事の専門的な経験と知識は必須です。

けれども、それだけでは半分です。

あなたの経験と知識を生かすためには、日本人でない人々にも通用するコミュニケーション力が必要です。それこそが国際ビジネスに必要なリーダーシップの基礎です。

これらはスキルです。練習と実践を繰り返すことによって身につけることができます。

必要なスキルは二つ。

一つは、外国の人々のモノの考え方を相手の立場で理解すること(異文化理解)、もう一つは実践、つまり体験を通じてモノの考え方の違う人と仕事をする知恵を身につけることです。その両方が同時に必要です。そうして初めて頭で知っている知識が実際のビジネス場面で応用できる力に変わるのです。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは、その二つのスキルを向上させるプログラムをご提供致します。

私たちはあなたの「知っていること」を「できること」に変えます。

2017 SJCC-1

こんな課題をお持ちですか?

  • 私は外国の会社と折衝しているが、どうも意思疎通がうまく行かない
  • 外国人社員・研修生が私の課に配属されてきたが、どうやって接したらいいのか?
  • 外国人の部下にどうやって、「ほう・れん・そう」など日本企業独特の仕事のやりかたを理解して貰えば良いんだろうか?
  • コールセンターで多言語のお客様へのサポートサービスを行っているが、日本の気づかいやおもてなしといったマインドを各言語圏の国民性やお客様の特性の中にどう生かせばいいのか?

あなたの得るもの 

  • 自分の気づいていない落とし穴の可能性とその解決方法を知る
  • 相手のもの考え方や価値が客観的に理解できるようになる(ホーフステッド博士の開発した世界的に定評ある異文化理解の枠組みに基づく研修)
  • モノの考え方や価値観の違う社員と意思疎通がうまく行くようになる
  • 多様な文化を持つお客様の要望を相手の立場で理解し、日本ならではの丁寧で誠実な態度で接しながらも問題解決をすることができる

私たちはあなたの「知っていること」を「できること」に変えます。

まずお問い合わせください。お問い合わせはこちらからどうぞ

IMG_0498

お問い合わせから、ワークショップ、コンサルティングまでの流れ

  • ステップ1 お問い合わせ
  • ステップ2 人材育成担当者様との面談による御社の課題のヒアリング
  • ステップ3 ワークショップ、定期的コンサルティングなど、御社の人材戦略に適した育成プログラムをご提供致します。
  • ステップ4以降 育成プログラムの実施

 ********************************

!ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスが選ばれるわけ!

ビジネスにひそむ異文化間コミュニケーションギャップを解消し生産性を上げるコツを身につけて頂くことに高い評価を頂いています。

その秘密は、欧州で培われた異文化ギャップの診断方法とその知識を行動に結びつける仕組みです。

人は、耳で聞いただけでは翌日にはその75%を忘れてしまうと言われています。ところがそこに経験が伴うと、脳の深い部分が働き学んだ知識が血肉となって行きます。「聞いて知ったこと」が「経験から学んだこと」に変化するのです。

私たちはグループによる会話を活用したワークを取り入れ、受講者様には安全、安心な場で疑似体験をしていただきます。そして研修が進むにつれ段階を踏んで成長していくよう、育成プログラム全体を設計致します。

まずお問い合わせください。お問い合わせはこちらからどうぞ

*************************

無料メールマガジン(メルマガ)を発行しています。ここではブログに書かないことをお届けします。日本人の気付きにくい文化ギャップをめぐる苦労話など、私の30年に及ぶヨーロッパ実体験からくる話ばかり。時には辛口のお話しもあります。他では聴けないと自信を持って言えます。無料メールマガジンの登録はこちらからどうぞ

広告