私の英語の限界が、創造の力になった

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはず

TMC Best Evaluator_2017-09

今夜、私はInternational Geneva Toast Masters ClubでBest Evaluatorになりました!

私が英語の母語者でないからこそできたことを、認めてくれる人がいました。

今夜のInternational Geneva TMCの例会で、私はGrammarianを買って出ました。

Grammarianとは、スピーチや、そのエバリュエーション(評価)を注意深く聴き、英文法に関するアドバイスや修正の提案をする人のことです。言ってみれば文法の番人。

Toast Masters Club 例会のGrammarianは、英語が母語ではない人が一番やりたがらない役目です。私もそうでした。日本語母語者の私、欧州で30年間英語漬けで仕事してきたとはいっても、究極のところわかり切っていないことは多々あります。例えばTheとaという冠詞の使い分けは、文脈に即してわかりきれないところがどうしても残ります。英語人のジョークを面白いとは思えないことはしばしば。

英語人でない私に何ができるか?私だからこそできることはどんな事だろう?一週間、頭を捻りました。

そうだ、英語が母国語でない人に分かり易い英語があるはずた!そういう視点から皆のスピーチに耳を傾けよう!文法の番人ではなく、英語母語者でない聞き手のための英語があるはずだ。

国際都市ジュネーブでは英語が仕事やコミュニケーションの言葉になることが良くあります。人々は、そこが英語を話す土地だから英語を話すのではなく、そこにいる人々の全員がわかる言葉だから英語を使うのです。わたしの所属するTMCでも同じ事でした。

例会が終わったとき、つかつかと私の席に来てBest Evaluatorの青いリボンをくれたのはジョンでした。彼は今夜の例会でBest Evaluatorに選ばれました。そして、この写真の青いリボンを受け取りました。

カナダ人のジョンはスピーチのプロです。TMCでも何度も世界レベルでゲストスピーカを務めていますし、コンペではエバリュエーション部門でヨーロッパチャンピオンになったこともあります。

その彼が例会が終わったとき「あなたのエバリュエーションは,ボクが今まで受けたもののうち一番良かった」といって、獲得したばかりの青いリボンを私に持って来たのです。

え?!

このリボンは、彼個人から私に渡された賞でした。

今夜の例会でジョンはある人のスピーチのエバリュエータでした。彼のエバリュエーションは完璧ともいうべき見事なものでした。けれども英語が母国語でない人から見てどうか、という物差しを当てると、たった一カ所ですが英語母語者でない人にはすぐにわかりにくい言葉を使っていました。”Mata-speech” というその言葉は彼のエバリュエーションのキーワードの一つでした。

私はGrammarianとして、その言葉を誰にでもわかる表現にかえるようアドバイスをしました。

「その言葉はあなたらしさが良く出ていてとてもいいのですが、英語のレベルがまちまちの聞き手を前にスピーチをする場合、平易で誰にでもわかる言葉に代えた方が良いと思います。」

ヨーロッパチャンピオンになるぐらいの人は凄いなあ!いつもいつも自分をブラッシュアップさせる機会に気付いている。

そうして、私にも自信になりました。勇気を出しGrammarianの役目を自分で書き換え、私なりのやり方を皆の前で見せて、本当に良かった!

自分の考えはこうだということを身をもって示すこと。そこには新しい共鳴と気づきが生まれることを今日の経験で学びました。

*****************
次回の地球市民塾、「世界と関わった人と話そう」は、落合良さんをゲストスピーカに迎えます。
落合さんは日本から発信される世界に通じる文化を育てようと、SONYでの本業のお仕事の傍ら30年間に亘り日本語と英語、ドイツ語など他の言語で歌えるオペラを作曲した三木稔さん(故人)を支援して来られました。

落合さんのそんな情熱を支えてきたのはなんだったんでしょうか?
日本の良いものを世界に出すためにどういうことが出来るのか、音楽から考えてみませんか?
Made in Japan のオペラを世界へ!ーー
30年続く活動を支えた「思い」とは?

10月6日 金曜日 日本時間 20:00 – 21:30 /スイス 13:00 – 14:30
詳しいプログラムとお申し込みはこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓
https://goo.gl/QAgHsS

***************************

 

 

広告

紙の神のはなし 地球市民塾

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【紙の神があの場にいた】

9月16日の地球市民塾は、インスピレーショントークを広瀬晴子さんにお願いしました。広瀬さんは、UNESCO, UNIDOと国連機関の要職を務められた後、モロッコ大使に。それがきっかけで、今では高知県で廃れかけていた和紙を、古文書修復のためにモロッコに寄付する活動をするようになりました。

今日も会話は和紙から、国際機関のキャリアから、縦横に勢いよく展開。その会話の勢いが巡り巡って宇宙に届いたんでしょうか?気がつくと会話の波の中から三つものアイデアの芽が!
面白い事にそのどれもが、和紙を巡るプロジェクトです。

まず、紙漉の神事を復活させようと人々の動き始めた姫路の廣峯神社と紙守財団とを繋ぐアイデア。
二つめは丹波の黒谷和紙再生復興を支援するAyako Morishitaさんが、広瀬さんの活動を知り一歩歩を進めました。
そして三つめは最後に発言されたYoshiharu Tsukudaさんの神戸に茶室を造り世界の人々の集う場にする計画に、紙漉のイベントを加えてはどうかというアイデア!

こうして地球市民塾は皆さんに気づきを学びを得て頂く場になったばかりか、今日のように人と人とを繋ぎ、その力と持っている気持ちが合わさって新しい動きを生む触媒にもなったようです。こういうことは私たちにとっては望外の喜びです!

参加された皆さんのお気持ちとエネルギーが、紙の神様をあの場に呼び寄せたんでしょうか?
(写真はChancy村から見るジュラの夕暮れ。私の瞑想の道でもあります。)

Chancy Jura夕日

**************************

 

 

あなたはオンラインセミナーで自分からミュートしますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスのホームページにようこそ。
私たちのサービスについては、こちらをご覧ください。

***************************

【オンラインセミナーにも日本と欧州の違いが表れます】

日本で大ブレークの兆しを見せているオンラインセミナー、そこにも文化の違いが表れます。
例えばミュートの使い方(ミュート;オンラインセミナーなどで自分のマイクロフォンをオフにして話し声が聞こえないようにすること)。

どうも日本ではミュートがデフォルトらしい。ファシリテータや講師が何も言わなくても、受講者はいつのまにか揃ってミュートしています。

反対にヨーロッパでは必要な時以外はミュートはしないのが一般的。リアルのセミナーでは講師が話しているときでも自由に質問やコメントする習慣を、そのままオンラインに持ってきているんでしょう。

またヨーロッパでは、オンラインセミナーを進めるコツとして、「5分以上受講者を黙ったまま(何もしないまま)にしておいてはいけない」という経験則があります。ひとりぼっちでラップトップに向かうオンラインセミナーには集中力が働きますが、反面、疲労もリアルの場より早く来るからです。次々に色々な動きや、会話の機会を設けて受講者が飽きない工夫が必要、というわけです。

ところが日本では受講者の沈黙時間の長いこと!だいたいどなたも20分間ぐらいは黙って講師の話を聞いていられるのではないでしょうか?この点では日本人はヨーロッパの人々よも我慢強い。

日本の流儀とヨーロッパのそれと、皆さんはどちらがお好きですか?

************************************

このポストはもともとFacebookに出したものです。直ぐに多くのコメントを頂きました。ここに私のまとめを記しておきます;

コメントを下さった皆様、ありがとうございます!それぞれに私になかった視点やご経験があって考えを深められました。

個人差か文化の違いかは、こういう話をするときにいつも話題になります。私は、文化とは個人に還元するものではなくて、人が集団になったときに他の集団と比較して、表れてくる違いだと思うんです。というか、文化はステレオタイプではなく、ある集団の人々の無くて七癖のようなものだと言いましょうか。

日本の方たちを観察しているとオンラインミーティングに慣れている人ほど自分からミュートにされるようです。雑音のあるなしに拘わらずもそうされる方が多いので、これは日本ではオンラインミーティングの常識とか、マナーとして根付き始めているんじゃないかと思って見ています。慣れない方の不安感では?というMさんのコメントももっともだと思うんですが。

この不安というファクターは面白いですね。

人は不安なときにどういう行動をとるか、ということは文化を色濃く反映していると思います。もちろん、個人差はありますけれども。

ヨーロッパにもオンラインミーティングに慣れない人やそのために不安を感じる人は日本と同じぐらいいると思います。ところが、そこから来る行動がどうも日本人とは違うような。いえ、これも個人ではなく、人の集団を観察した場合の話ですが。

西ヨーロッパを観察した経験では、不安感からミュートにする人は少ないように思います。

Yuh さん、Yuko さんが仰るように、沈黙のオーディエンスに慣れているかどうか、それを居心地悪いと感じるか感じないか、の違いがあるかも知れません。

さて、、。こういう話は、話題が尽きませんね。今日はこの辺で。
皆さん、たくさんの気づきをありがとうございました。

IMG_0085

**************************

 

このメール、あなたならわかりますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【このメール、あなたならわかりますか?】

あなたはある日こんな内容のメールを受け取りました。

「○○さん、
XXXという良い提案をありがとうございます。
ただどうも、YYYの方が良いように感じるのですが、どんなもんでしょうね?」

日本人ならこれで会話が続きます。

ところが、こういう言い方に多くのヨーロッパの人々は困り果てるのです。

「この人は、私のXXXという提案に対して、賛成(Yes)なの、反対(No)なの?」

たとえあなたがYYYを提案するにしても、「No, 私はXXXには反対です」と一旦はNOと言い、続けてYYYを提案する方がヨーロッパの人々にははるかに分かり易いのです。

そんな文化の中でもまれて30年、今の私のチャレンジは日本語でメールを書くとき、(日本標準でみると)ものをハッキリ言いすぎて受取る相手に無用なショックを与えないよう、毎回充分気を付けることです。

え?まだ修行が足りないですか?

まことに同時に二つの文化圏の中で生きるとは、二つの帽子を持ち、臨機応変に頭に載せる帽子をスイッチするようなものです。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

**************************

IMG_0854

知性を鍛える他流試合

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【ダイバーティ(多様性)なのです、知性を生き生きさせる元は】

ローザンヌ連邦工科大学 (EPFL) のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)はその建築としての斬新さで有名になりました。設計したのが2人の日本人建築家で、うちお1人は妹島和世(せじまかずよ)さんという女性というところも嬉しい。

けれども私が凄い!と思ったのは、その図書館としてのあり方でした。

ここの図書館は、11ある学部がそれぞれ持っていた図書館をすべて一カ所に集めたというのです。そうすることで、学際領域の研究や、専門分野の違う人々が協働し新しい価値を生み出すことが奨励されているというのです。

専門家が自分の殻に閉じこもらない仕組みがここにはある!

スイスはイノベーション指数で毎年世界1位です。中でも、ローザンヌ連邦工科大学は医学と工学を結び付けた研究をリードするなど、ユニークな学際分野の研究を進めることで世界的に有名です。こういう大学には世界中から優秀な研究者が集まってきます。

ローレックス ラーニングセンターを訪れてそのような実績を支える仕組みを目に見る思いがしました。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。

国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということをじかに知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

IMG_0258
ローザンヌ工科大学 (EPFL) のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)入り口

 

***************************

 

あなたはランチにワインを添えますか?

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【自分で決めればいいのです】

私の最初に参加した国際会議はジュネーブの国際会議場で開かれました。大小の会議場、セミナー室、6カ国語の通訳の入れる通訳室などを備えた立派な施設です。

昼食休憩の時間になり、セルフサービスのカフェテリアに並んだときのこと。ドリンクコーナーに赤白のワインのつがれた小さなグラスがずらっと並んでいるではありませんか!

東京の社員食堂しか知らなかった私はビックリ!

「昼ご飯にアルコールを?」

どうも私にはそういうことがしっくり来ませんでした。

ところが、まわりをよく見るとワインを昼食時に頂くのはここだけではないんですね。この地方の習慣のようです。国際会議場でも人々は当たり前のようにワインをトレイに載せていきます。ワインを飲まない人も、もちろんいます。

各自が選べば良いんです。

酔うまで飲む人はいません。

節度も好みも自分で決めるのです。

会議の場合、昼食休憩は2時間ある場合がほとんどでした。休憩するだけでなく、ビジネスランチの時間に充てる人々への配慮でしょう。

こういう仕事の仕方とか時間の流れに身を置いて、なんだかゆったりしていていいなあと思いました。

**********
次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」はいよいよ今週の土曜日です。

ゲストは広瀬晴子さん。
UNESCO, UNIDOという国連機関の要職はすべて自力で取られたポストという、日本人としては数少ないご経歴の持ち主です。
国連の後はモロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

こんな生き方もあるということを直に知ってみませんか?
未知の世界を知りたい人たちと、オンラインで出会ってみませんか?
きっとあなたの生き方のヒントが見つかります。

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

写真はローザンヌ工科大学のローレックス ラーニングセンター(総合図書館)。足下に据え付けたただの金属板とおもいきや、陽光を反射すると物理学者の顔になる彫刻。科学的で創造的、さすがはイノベーションの殿堂!マリー・キュリーの肖像もあります。

IMG_0256

 

**************************

あなたは自分で思っているよりもっと自由

あなたの職場の多様性を価値とちからに変えるヨーロッパ・ジャパン ダイナミクス!わたしたちのホームページにようこそ。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスは何をする?–> こちらをご覧ください。

ヨーロッパ・ジャパン ダイナミクスとは誰?–> こちらをご覧ください

***************************

【自分のルールを決めるのは自分です】

パリの国際機関に来て1年目の終わり頃のことです。

日本の企業とは仕事の進め方も人とのつきあい方も全く違うと気付かないまま過ごしてしまった、1年目の終わり。そういう私にもやっと自分の調査報告書を担当する委員会で発表する機会が巡ってきました。

発表の練習をしたんですが、どうしても時間が余ります。じゃあ、早めに切り上げようかと思っていたときのこと。ヨーロッパ人の友人から檄が飛びました。

「余った時間はあなたの時間だ。あなたの思うことを言いなさい」

えーーー!?

考えたことも無かった。

そして自分の甘さを思い知りました。

誰かがi決めたルールが自分の外側にあって、自分はそれを守らなければならないと無意識のうちに思い込んでいたのが私でした。そういうお人好しでした。

ここでは違うのです。自分のルールを決めるのは自分です。

**********
私のような立場で仕事をされてきた方を、もうお一人知っています。その方が、次回の地球市民塾「世界と関わって来た人と話そう」のゲスト、広瀬晴子さんです。

UNESCO, UNIDOという国連機関の要職を務めた後、モロッコの大使に。
ところがモロッコ大使時代の関わりから、日本の和紙をモロッコの古文書保存と結び付けることになりました。
なぜ?どんな御縁で?

9月16日土曜日をお楽しみに!
次回も明るいエネルギーに満ちています。
プログラム↓↓ お申込みもできます。
https://goo.gl/QAgHsS
今回も放課後の30分あり。お時間の許す方はどうぞ!

(写真:マッターホルンの夜明け)

IMG_0919

 

**************************